日本で製作可能な12m×3mのCLT1枚板をあますところなく使いきる提案。
畳めば1枚の板だが、屏風のように展開することによって板が自立し森のような空間をつくりあげる。
林業からCLTへ加工され、市場に出てひとに使われていく。事物の流れによって行き着く先は、その素材の持つはじまりの森へと回帰する。