神奈川の住宅の計画。

決して大きくはない建築ボリュームに対し、空間を斜めに繋いでいくことで通常の間口の√2の奥行きをもたせることができる。​